ロリータ (1962) / Lolita

『ロリータ』(Lolita)は、1962年のイギリスの映画。ウラジーミル・ナボコフの同名小説を原作とし、ナボコフ本人の脚本でスタンリー・キューブリックが監督した作品。

 ・ amazon : ロリータ (1962) / Lolita
 ・ amazon prime : ロリータ (1962) / Lolita
 ・ Hulu : ロリータ (1962) / Lolita
 ・ NetFlix : ロリータ (1962) / Lolita
 ・ U-NEXT : ロリータ (1962) / Lolita
 ・ dTV : ロリータ (1962) / Lolita
 ・ GYAO : ロリータ (1962) / Lolita
 ・ Youtube : ロリータ (1962) / Lolita

ロリータ (1962) / Lolitaのあらすじ

霧深い日、荒れ果てた邸宅でキルティという男を射殺したハンバート教授は、フラッシュバックで事の顛末を思い出す。

パリからアメリカにやってきたハンバート教授は、夏を過ごすために田舎町で下宿の家を探し、ヘイズ夫人の家を訪れた。そこで美しい少女の姿を目にしたハンバートは、釘付けになる。少女は夫人の娘ドロレス・ヘイズ、通称ロリータであった。早速下宿を決める。ロリータに心奪われたハンバートは2階に上がってきたロリータにエドガー・アラン・ポーの「ウラルミー」(Uralume)を朗読する。やがてハンバートの虜となったヘイズ夫人と結婚する事となる。それはロリータのそばにずっと居たいがためであった。そして彼の本心を知り、逆上して家を飛び出した夫人は、不慮の事故で死亡する。念願叶い、ロリータと2人きりになったハンバート教授は、異常な独占欲と愛欲に駆られ、ロリータを連れての旅に出る。

2人だけの逃避行を続けていたが、自分たちを車が追跡していることに気づく。ロリータは思いすごしではないかと気にしない。ところが、インフルエンザで入院したロリータが伯父と名乗る男に連れ出される。宝を奪われてハンバートは痛恨の日々を送る。

全く消息を絶っていたロリータから手紙が来る。ロリータは鉱山の町の貧しい家で懐かしそうに迎える。彼女はキルティに連れ出されたあげく棄てられ、1年ほど前に今の夫と結婚し、引越しするにつけて金銭が入用だったのでハンバートに無心したのである。ハンバートは総てを忘れ、一緒に暮らそうと懇願したが、聞き入れられない。あきらめたハンバートは400ドルの現金、2500ドルの小切手、家を売却した1万ドルをロリータに渡し、キルティの家へ向かい、射殺。逮捕されて公判を待つうちに急死する。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 時計じかけのオレンジ (1971) / A Clockwork Orange

  2. バリー・リンドン (1975) / Barry Lyndon

  3. 2001年宇宙の旅 (1968) / 2001:A Space Odyssey

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。