旅情 (1955) / Summertime

『旅情』(りょじょう、原題: Summertime)は、1955年のイギリス・アメリカ合衆国合作の恋愛映画。 1952年にブロードウェイで初演されたアーサー・ローレンツの戯曲『カッコウ鳥の頃』の映画化作品であり、デヴィッド・リーンが監督、キャサリン・ヘプバーンとロッサノ・ブラッツィが主演した。 ロケーションはヴェネツィアで行われている。 主題歌はロッサノ・ブラッツィが歌った『Summertime In Venice』で、当時大ヒットした。

・ amazon : 旅情 (1955) / Summertime
・ Youtube : 旅情 (1955) / Summertime

旅情 (1955) / Summertimeのあらすじ

アメリカの地方都市で秘書をしている独身の38歳のジェーン・ハドソン(キャサリン・ヘプバーン)は長期休暇を取り、念願であったヨーロッパ旅行の夢を実現させて、ロンドンとパリを観光後、オリエント急行に乗って、この旅行の最終目的地である水の都・ヴェネツィアを訪れる。ヴェネツィアは街中に水路が張り巡らされた歴史のある美しい都であり、ジェーンは駅から船でフィオリーニ夫人(イザ・ミランダ)が経営するペンシオーネに到着する。その後、観光に出かけたヴェネツィアのサン・マルコ広場で一人のイタリア人男性レナード(ロッサノ・ブラッツィ)と出会う。

関連記事

  1. ライアンの娘 (1970) / Ryan’s Daughter

  2. Oliver Twist (1948) / オリヴァ・ツイスト

  3. 逢びき (1945) / Brief Encounter

  4. 大いなる遺産 (1946) / Great Expectations

  5. 戦場にかける橋 (1959) / The Bridge on the River Kwai

  6. インドへの道 (1984) / A Passage to India

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。