大いなる遺産 (1946) / Great Expectations

『大いなる遺産』(おおいなるいさん、原題: Great Expectations)は、デヴィッド・リーン監督、脚本による1946年のイギリスのドラマ映画。チャールズ・ディケンズによる同名の小説を原作としている。

 ・ amazon : 大いなる遺産 (1946) / Great Expectations
 ・ Youtube : 大いなる遺産 (1946) / Great Expectations

大いなる遺産 (1946) / Great Expectationsのあらすじ

ピップは墓地で脱走した囚人に出会う。彼に頼まれ、食料とヤスリを家から持ち出し彼に与える。また、もう一人別の囚人を見かけたことを彼に教える。その囚人は結局、再び捕まった。

ピップ(ジョン・ミルズ)はミス・ハヴィシャムの館に定期的に招かれるようになり、彼女の養女で冷徹な美少女・エステラ(ヴァレリー・ホブソン)に焦がれるようになる。義兄ジョーの弟子となった後、ある人物から巨額の遺産(Great Expectations)がもたらされることが判明し、紳士修行のためロンドンへ向かう。ピップは遺産がミス・ハヴィシャムによるものと信じ、エステラの結婚相手として自分を紳士にさせるのではないかと期待する。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 戦場にかける橋 (1959) / The Bridge on the River Kwai

  2. Oliver Twist (1948) / オリヴァ・ツイスト

  3. ライアンの娘 (1970) / Ryan’s Daughter

  4. アラビアのロレンス (1962) / Lawrence of Arabia

  5. ドクトル・ジバゴ (1965) / Doctor Zhivago

  6. 逢びき (1945) / Brief Encounter

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。